未分類

手間と美味しさの関係

手間と美味しさの関係。個人的には相関ありやと思っている。丁寧に下処理をして、調理をして。そりゃ美味しいでしょう、と。

だが、うちの夫を見ているとその価値観が揺らぎそうになる。

時間をかけて作ったものより、焼いただけ(ジュージュー)、調味液に漬けただけ(ドボン)のものの方がウケたり。

時間をかけて薄味で仕上げたものより『生姜ニンニクニンニク生姜!』みたいな味付けで雑に作った方がウケたり。

 

となると。

 

ズボラな私は「あっ、そっちの方が好きな感じ?ラッキー!じゃあ、そっち系統で!」となり、結果『ジャンキー味・シンプルな調理』一辺倒に。

人は楽な方に流れるねぇ。(めっちゃ他人事やん。)

 

そんな本日の弁当。

本日の弁当

チキングリル(山椒風味)・小松菜のごま和え・レンチン焼きナス・卵焼き

 

昨日の晩ごはんのチキングリル(ハーブ)と同じタイミングでオーブン様が焼いてくださったチキン。

小松菜はやる気が出た昨日の朝に大量に茹でたので、今週の弁当分の緑は確保できたな。

 

そして、晩ごはんは。

豚の蒲焼・豚汁(3日目!)・キャベツの千切り・ジャーマンポテト

当日頑張ったのは

前日に茹でておいた豚肉をトースターで焼く(夕)、キャベツの千切り(朝)、ジャーマンポテトは具材切り(朝)炒める(夕)

…だんだん苦しくなってきたぞ。豚汁も食べ切ったし。なんとか乗り切ろう。。。

-未分類

Copyright© もりげ家の食卓 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.